慶留間島(げるまじま)

この記事の所要時間: 16

29cyg27pcinytfqf慶留間島とは慶良間諸島に所属している島の一つで座間味村に属しています。
座間味村の有人島の中では最も面積の小さい島です。
沖縄には変わった名前の島や珍しい名前の島がたくさんありますが、この慶留間島(げるまじま)も読める方は中々いないと思います。
慶留間島への行き方は沖縄本島那覇港から阿嘉島(阿嘉港)まで高速船ですと約50分、フェリーですと約90分で行く事ができます。
阿嘉港に着いたら車で5分ぐらいで慶留間島の集落に行く事ができます。
慶留間島には集落が一つしかなく、観光客も他の島と比べると少なめで少しこじんまりとした島ではありますが昔ながらの建物が残されていたりしますので、昔ながらの沖縄の風景を堪能したい方にはおすすめの島です。
隣の阿嘉島とは阿嘉大橋という全長530メートルの橋で繋がっていますので気軽に行き来する事が出来ます。
慶留間島にはビーチらしいビーチはありませんが阿嘉大橋から一望できる海はさすがは世界をも誇る海!!!
青色のグラデーションが海全体に広がっていて思わず立ち止まってしまうほど引き込まれてしまいます。
ダイビングスポットにもなっている場所だけあって色とりどりのお魚たちや、今では大変貴重なサンゴ礁が海の中に広がっていて見た事のない世界を見る事が出来ます。